ひばりヶ丘の整体は「たむら接骨院」へ

 

「症状に悩まれ、笑顔のみられなかった患者さんの笑顔がみられたとき
この仕事をしていて良かったと心から思えます」

 

  院長      田村 由美(たむら ゆみ)

院長

保有資格:

  • 厚生労働省認可 柔道整復師
  • 講道館柔道弍段

 

略歴

2007年 都立駒場高校卒業

2010

学校法人花田学園 日本柔道整復専門学校卒業
国家資格 柔道整復師取得
ひばりが丘北整形外科へ就職

柔道整復師として骨折・脱臼の整復、固定などの外傷処置を経験

リハビリスタッフとして坐骨神経痛や脊柱管狭窄症、変形性関節症や
肩関節周囲炎などに苦しむ患者様の治療に邁進

2013年 9月 たむら接骨院を開院

急性外傷のみ保険適用とする健康保険の縛りにより慢性症状が改善されない
患者様にもより良い施術と情報を提供する為自費施術へ移行

現在 様々な症状にお悩みの患者様のお力になれるよう、日々の施術、
技術や知識の更なる向上に努めております

 

趣味

カラオケ、スキューバダイビング

ごあいさつ

カウンセリング

たむら接骨院 院長の田村由美(たむら ゆみ)と申します。

平成元年2月3日生まれ。東京都東久留米市出身。
学生時代は大門中学校に通い、柔道部に所属して部長を務めました。
また、高校でもより良い環境で柔道を続けるため都立駒場高校へ進学し、文武両道をモットーに関東・全国大会を目指して日々稽古に励んでおりました。

【接骨院開院までの道のり】

施術しかし、ハードな稽古に体が付いて行かず、様々なケガを繰り返し高校3年生の頃には、体がボロボロになってしまいました。
目標としていた結果とは程遠く稽古を休まざるを得ない状況に苦しんでいた際、接骨院や整形外科で柔道整復師の先生方に大変お世話になり、【私もケガに苦しむ人々の力になりたい】と考え、柔道整復師となる道を選択。渋谷にある日本柔道整復専門学校へ入学しました。

そして、午前中は専門学校で多くの知識を学び、午後は接骨院で修業を積みながら柔道を続け、卒業式でスポーツ功労賞を頂きました。初心を忘れぬよう、表彰状は今も自宅リビングに飾っています。

国家資格取得後はひばりが丘北整形外科に就職し、骨折・脱臼の処置をはじめ、肩関節周囲炎や頚椎ヘルニア。坐骨神経痛や腰部脊柱管狭窄症、変形性膝関節症などに苦しむ患者様を治すため、柔道整復師としての知識と技術を磨いて参りました。
そして、【女性の治療家だからこそ、きめ細やかなケアで患者様のお悩みを解消したい】という思いから、平成25年9月にたむら接骨院を開院しました。
整形外科勤務時代から御縁のある患者様を中心に少しずつ地域に愛される接骨院へと成長することができ、現在開院7年目を迎えております。

『つらい症状をどうにかしたい…。でも、どんな治療を受けたら良いのだろう?』とお悩みの方はぜひ、私にご相談ください。
患者さまと二人三脚で健康な身体を目指していきます。
今後も【より良い治療】と【健康な体を維持する情報】を提供することを目標に精進して参りますので、宜しくお願い致します。

 

ひばりヶ丘の整体は「たむら接骨院」へ PAGETOP